ポケモン不思議のダンジョン、ゲームボーイからの圧倒的な進化

若干ネタバレありです。


Switchソフトで最近発売されたポケモン不思議のダンジョンですが、ゲームボーイ時代のポケダンが現役だった筆者にとって衝撃的なことがたくさんありました。

まず、グラフィック。

とにかくポケモン1匹1匹の表情が可愛らしく表現されていて、ストーリーもより入ってきやすくなってると思います。

ドットも好きなんですけど、やっぱり綺麗なグラフィックもいいですね。

こんな良グラで、もう一度あんなシーンやこんなシーンを見る日には、ハンカチなしではプレイできないかもしれません。

(仲間ポケモンのキャンプでドットも見れるっちゃ見れます。)

もう1つは、システム。

昔のは、自力でダンジョンを駆けずり回って何とか依頼をクリアしなくてはいけない、レベルもなかなか上がりづらい、お金も溜まりづらくてアイテムも溜めづらい…そんなイメージがあったのですが、Switchバージョンはそんなことはありませんでした。

オート移動機能があるので、何かの片手間でも簡単に進めることができます。

これで同じフロアにいすぎて、風で飛ばされることもなくなりそうですね。(昔のポケダンは同フロアに長時間いると、風で飛ばされてダンジョンから追い出されてしまいました。)

ホンキチケットというものも新しく出て、これにより煩わしいレベリングもササっとできるようになっていました。

時代は変わりましたねぇ。便利な世の中になってます。

そして、依頼リストも見やすくて驚きました。まぁこれは画面の大きさの違いもあるんでしょうが…

ストーリーはもう全て知っているはずなのに、新鮮な気持ちで楽しめるので、買うのに迷っている方も是非プレイしてみることをオススメいたします。

筆者もこれから進めていくのが楽しみです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です