医療脱毛の効果は?実際のところどうなの?

医療脱毛の真価、ここにあり。

医療脱毛は、お金はある程度かかってもいいのでなるべく早く、少しでも楽にツルツルにしたい方には一番おすすめの方法です。

医療脱毛は、クリニックで医師免許または看護師免許という国家資格を持った方の施術によって行います。

そこが、エステ脱毛との大きな差になります。エステ脱毛は研修や資格こそいるものの、基本的には誰でもできてしまうものだからです。

また、エステ脱毛で使われている脱毛器の照射できるレーザーの強さは医療脱毛よりもはるかに弱いものになります。

そもそもレーザー脱毛の仕組みは、レーザーの光によってメラニンを攻撃して、毛根にダメージを与え、毛の再生を抑えるというものです。

そのため使い方を誤ってしまうと、やけどや重大な事故に繋がりやすく、医師免許・看護師免許がない者の医療脱毛は、法律で禁止されています。

その点クリニックで行う医療脱毛は医療行為に分類される為、現在の脱毛方法の中では一番強力に脱毛をすることができます。

もちろんレーザーの出力が弱いということは痛みの軽減にも繋がりますので、痛いのはちょっと苦手という方にはエステ脱毛の方がいいかもしれません。


医療脱毛はどう選んだらいい?

医療脱毛に使われる脱毛機器は、主にはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類があります。

上の写真は、アレキサンドライトレーザーです。
見た目はどのレーザー機も大きな変化はありません。

それぞれの違いは波長の長さです。

一番短いものがアレキサンドライトレーザー、一番長いものがヤグレーザーになります。

筆者が通っていたクリニックでの使用機器は、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーでした。(ヤグレーザーはほくろ除去の時にしか使ったことがありません)

はっきり言って、医療脱毛であればさほど威力・効果の違いは感じられませんでした。

それよりも重要なのは、脱毛後のアフターケアがあるかどうかだと考えています。

脱毛直後は赤くなり、皮膚が敏感になります。ですので、アフターケアがあるかないかでその後の皮膚状態が大きく変わってしまいます。

ですので、クリニック選びの際は口コミを参考にして丁寧に選んでみてください。


医療脱毛をした結果

筆者は、腕・脚・脇・顔・背中の脱毛を経験しました。

箇条書きですが、beforeの毛の状態脱毛頻度とafterの現在の状態を書いてみます。

before

  • 腕→ぼーぼーに生えている。1本1本は細め
  • 脚→すねの毛は割と太め。他はあまり目立たない
  • 脇→毛量は多くないが、ぼーぼーに生えている
  • 顔→産毛で化粧ノリが悪い
  • 背中→黒い産毛がまばらに生えている

after

  • 腕→1ヶ月1回を7回施術。ほぼツルツル。よく見ると全体に3,4本生えてるかな程度。
  • 脚→2ヶ月に1回を6回施術。ツルツル。よく見ても産毛程の毛が3,4本。
  • 脇→1ヶ月に1回を6回施術。ほぼツルツル。1,2本まばらに生える。
  • 顔→1ヶ月に1回を7回施術。若干毛が減った。化粧ノリは段違いに良くなった。
  • 背中→1ヶ月に1回を2回施術。毛自体は若干減った程度ですが、背中のニキビが減った。

※ちなみに、医療脱毛にかかった総額はおよそ50万でした。(クリニックによっては、これよりも安く済む場合もあります)

ここからも見てわかるように、医療脱毛をもってしても元々毛が薄い、産毛が多いところには効果は出にくいです。

クリニックの方から聞いた話によると完璧にツルツルにしようと思うと、10〜15回は必要だそうです。(この回数には個人差があります)

どの方法も一長一短ではありますね。

次ページで、これまでのおさらいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です