piyoの治療日記 No.6【高度不妊治療への道】

当ブログに訪問いただきましてありがとうございます。毎日多くの方々にご覧いただけて、嬉しい限りです。

そしてあまりにも更新していなさすぎる旨反省しています…

これからはきちんと、ほどほどには更新していく予定です。

前回の記事はこちらから↓

紹介先の病院は全国的にも名の知れた不妊治療クリニックで、治療成績も口コミかなりよく、正直ここでダメならどこに行こうが無理だと思うほどでした。

初診はどこでも行うような問診や血液検査でしたが、今までのクリニックとは決定的に違うところがありました。

それは医師が『選択』をさせてくれたところです。

これまで通ってきたクリニックは治療方針もよく分からないまま漫然と同じ治療ばかりを続けていましたが、それとはうってかわって、期間や方法などを明確に伝えていただいた上で自分の希望を優先して治療を行うことができました。

体外受精をしたいと伝えても『若いから必要ない』とつっぱねられることもありませんでした。

むしろ最短でできるよう尽力するとまで言ってもらえて、なんとなくここでなら上手く行くかもと根拠のない自信が出てきました。

そして、不育症に関しても病院を紹介してもらえたので、後日その病院に行くことになりました。

次は体外受精で具体的にやったことと不育症に関しての話です。

事務員piyo🐥

事務員piyo🐥

好きなもの→車・ドライブ・鳥・観賞魚・焼肉・あざらし
嫌いなもの→バナナ

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です